Raspberry Pi 4 用setup.shを作ってみた!

Raspberry Pi

約 8 分で読めます。

Raspberry Pi 4を初期設定するのに便利なスクリプトを作りました!
OS入れたあと、こんな感じで使っています!

. <( wget -O - https://raw.githubusercontent.com/kurofuku/dotfiles/master/setup.sh ) raspi

ウィルススキャンなど検証してから使う場合は、以下のよう。

wget -O setup.sh https://raw.githubusercontent.com/kurofuku/dotfiles/master/setup.sh
(何かしら検証)
bash ./setup.sh raspi
rm -f ./setup.sh

中身はここからダウンロードできます。

大まかに解説していきますね!

コマンドラインオプションのチェック、パッケージ更新

最初の部分ではコマンドラインオプションをチェックし、OKならapt update/upgradeします。
このsetup.sh自体はRaspberry Piの他にChromebookにも対応させていて、どちらかのオプションを指定しているか確認します。

CHROMEBOOK=0
RASPBERRYPI=0

if [ $# -ne 1 ]; then
	echo "You need to specify chromebook or raspi" 1>&2
	exit 1
fi

if [ "chromebook" == $1 ]; then
	CHROMEBOOK=1
elif  [ "raspi" == $1 ]; then
	RASPBERRYPI=1
else
	echo "You need to specify chromebook or raspi" 1>&2
	exit 1
fi
# update/upgrade
sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y upgrade

Raspberry Pi 4/Chromebook両方で使うパッケージのインストール

次はRaspberry Pi 4/Chromebook両方で使うパッケージをインストールします。
nvim, git, tmuxとpython-pipといったところです。
ここはお好みで増減していいですね😎

# install utility
sudo apt-get -y install neovim git tmux software-properties-common python-pip python3 python3 python3-pip
sudo pip install --upgrade pip
sudo pip3 install --upgrade pip
sudo pip3 install neovim
sudo pip3 install --upgrade neovim
sudo pip3 install Pygments

Visual Studio Codeのインストール

次はChromebookの場合のみVisual Studio Codeをインストールします。
自分がよく使う拡張機能も入れています。

if [ 1 == ${CHROMEBOOK} ] ; then
	sudo apt-get -y install gdebi

	# install code
	curlSucceed=1
	while [ 0 != $curlSucceed ]
	do
		curl -L -C - -o /tmp/code.deb https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=760868
		curlSucceed=$?
	done
	sudo gdebi -o APT::Get::force-yes=true -o APT::Get::Assume-Yes=true -n /tmp/code.deb
	rm /tmp/code.deb
	
	VSCODE_EXTENSIONS="	ms-vscode.cpptools \
				hars.cppsnippets \
				austin.code-gnu-global \
				oderwat.indent-rainbow \
				SolarLiner.linux-themes \
				alefragnani.project-manager \
				jtanx.ctagsx \
				donjayamanne.python-extension-pack \
				tht13.python \
				gerane.theme-dracula \
				pkief.material-icon-theme \
				coenraads.bracket-pair-colorizer \
				formulahendry.auto-close-tag \
				ms-vscode-remote.vscode-remote-extensionpack \
				"
	for extension in ${VSCODE_EXTENSIONS[@]}; do
		code --install-extension ${extension}
	done
fi

少し脱線しますが、Visual Studio CodeのRemote DevelopmentでRaspberry Pi 4向けプログラムを開発すると超絶使いやすいのでオススメです!

手前味噌になりますが、こちらで紹介しています。

Raspberry Pi 4にChromebookからVisual Studio Codeでリモート開発してみました🖥

dotfilesの設定

続いて最後はtmux及びnvim用の設定ファイルを落とします。
中身は一年以上放置なので、もっと効率のいい書き方、非推奨の書き方などあるかも😅

git clone https://github.com/kurofuku/dotfiles
cp dotfiles/.tmux.conf .
cp dotfiles/.globalrc .
mkdir -p .config/nvim
cp dotfiles/init.vim .config/nvim
cp dotfiles/dein.toml .config/nvim
cp dotfiles/dein_lazy.toml .config/nvim
rm -rf dotfiles

終わりに

いかがでしたか。

地味ではありますが、Raspberry Pi 4のセットアップはよく行うので、一度自動化しておくと効果は高いですよ!

Raspberry Pi 4は小さいLinux PCですが、小さい体に大きいパワーで遊ぶのが楽しいです!

わからないことなどありましたらお気軽にSNSやコメントください!

セットアップ方法はこちらに記載してあるので、どうぞ!

この記事を書いた人
yatch

組込ソフト歴15年の外資系エンジニア。
前職で組込Linuxを使った商品設計/品質確保の業務に従事。
Raspberry Piが好き。
株式投資で年100万円を稼ぐ。
香港人妻と国際結婚。

Please follow me
Raspberry Pi
Please follow me
世界Linux新聞

Comments

タイトルとURLをコピーしました