Withings Steel HRを約2年間使いました!自信を持ってオススメできます!

Withings Steel HR Steel HR
Withings Steel HR

2019年初期にWithingsのSteel HRを買って約2年経過しました。
以下、感想です。

yatch
yatch

結論として、
このスマートウォッチは素晴らしいです!

今後も使い続けますよ!



特に以下のようなニーズを持っている方に刺さる商品だと思います!

ビジネスの場でも使えるスマートウォッチがほしい!
他社製品だと、打合せなどフォーマルな場に合わなくて…

睡眠の質向上に向けて睡眠を記録していきたい!
ベッドにセンサーを敷くタイプもあるが、大掛かりなのはちょっと…

スマホを開くとついTwitter/インスタ見ちゃうのをなんとかしたい!
スマホを見ると時間がいくらあっても足りない…

↑のようなことを考えている方にはSteel HRはぴったりです!



一方でApple Watchほどの知名度はなく、
 何それ?どこのメーカー?
と言われてしまうことも多いです。

また電子マネーや音楽再生には非対応ですので、その辺りの機能がほしい場合は他社製品のほうがいいでしょう。

ですが、機能を絞ったシンプル設計だからこそ電池持ちなどの長所が際立ちます!
 電池持ちは後で詳しく書いていきます。

2年間使ってきて実感できるメリット・デメリットをできる限り書いていきます。
もしSteel HRの購入を迷っているのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください!

Steel HRを使ってここが良かった!

スマホを見る時間を減らせる!

私がSteel HRを買った最大の目的がコレです。
使う前の私は、

朝起きたらスマホ。
朝食時も食事を片手にスマホ。
仕事の休憩時間中もコーヒー片手にスマホ。
(略)
ベッドにもスマホ。

という感じで、ほぼずーっとスマホを見ていました。



恐らく皆さんも似たような経験をされたことあると思います。

通勤電車で周りを見るとわかりますが、ほぼ全員がスマホをいじっていますよね。

SNSしかり、ニュースサイトしかり。

次から次にスマホを使いたくなるような通知やおすすめ記事などが出てきて、なかなかスマホを仕舞うことができませんでした。。。



しかしスマホを開くのは必要だからであって、無駄に時間を使うためではないですよね。
私の場合はこんな感じ。

メールが来ているか確認する
LINEやMessengerなどの新着があるか確認する
Todoリストなどで期限が来たタスクがあるか確認する



で、一度スマホを開いたが最後、FacebookやTwitter、Yahooニュースなどで30分や1時間が過ぎてしまうことがザラにありました😂



Steel HRを使うと、通知が来たときに時計本体をバイブ振動させてくれます。
そのためわざわざスマホを見なくても重要なメールやメッセージ、Todoを見逃すことがありません!

例として私はメールとしてOutlookを愛用しているのですが、新着が来たらこんな風になります!
液晶の文字がやや暗くて見づらいですが、これは私の撮影技術がヘボいからであって、実際の表示は明るくくっきりと表示されるため、全く問題ありません!
 輝度はアイキャッチ画像の方がより正確ですね。

Withings Steel HR にOutlook新着メールが来たときの通知



このように見逃したくないアプリの通知がスマホなしでも確認できるようになるため、スマホを開く頻度が減りました!

もっと言うと、私は仕事中にスマホを引き出しのなかにしまいます。
こうすることで、スマホの方に意識が向くのを防ぐことができます。
重要なアプリの新着はSteel HRで通知されるので問題なしです。

先ほどお見せした動画での通知ですと最初の20文字くらいしか確認できませんが、そのくらいでも「今すぐ確認が必要なもの」なのか「あとで見ればいいもの」なのかの区別は付きます。



Steel HRに通知してほしいアプリはHealth Mateというアプリで指定できます。
 Health Mate自体はWithings製品の統合管理アプリとなっています。

WithingsによるHealth Mate-あなたのアクティビティや体重などを追跡する最高のアプリ
無料のHealth Mateアプリを使用して、体重を管理し、アクティビティや血圧などを追跡します。iOSとAndroidでご利用いただけます。1か所ですべての健康データを表示し、あらゆるステップで導いてくれる、パーソナライズされた分析データが得られます。

私は以下のアプリを指定しています。

050 plus
Evernote
Gmail
LINE
Link(Rakuten Link)
Messenger
Outlook
ToDo リスト(Google製Todo管理アプリ)
電話アプリ
SMSアプリ

設定画面はこんな感じ。簡単です。
 ダークモードにしているので、背景が黒です。

れで無駄にスマホを開く必要がなくなるので、自分のやりたいことに集中できます!
仕事をガーッと集中して片付けるでもよし、読書をするでもいいですし、将来のことを考えてみるもよし、リラックスするもいいでしょう。

睡眠状態の管理ができるようになった!

↑の話題と関連しますが、ここ数年で睡眠の質向上に関する記事や書籍が増えました。
それほど世の中での睡眠への関心度が高いのでしょう。

私も睡眠の質向上には興味があったものの、今がどのくらいで何を改善すべきなのかわからなかったので、おざなりになっていました。

睡眠時間が少ないのか、深さが足りないのか…

「毎朝メモを取って定期的に確認しろ」と書いてある本もありましたが、とてもそんなことやってられませんし、忙しい朝はつい忘れてしまいますよね…
実際私もメモを取り始めて3日でめんどくさくなりやらなくなってしまいました。

このSteel HRは自動的に睡眠トラッキングするので、そのようなメモの手間が省けます!

スマホアプリのHealth Mateやインターネットで確認できます。

こちらはスマホのHealth Mate。

こちらはインターネットで確認したときの画面。

↑で「詳細」を押すとこんな感じ。

こんな風に毎日記録してくれるので、振り返りもやりやすくなります!

ちなみに睡眠の深さが悪いときは決まって、
 スマホをいじっていた
 酒を飲みすぎた
だいたいこの2つですがね…😅

フォーマルな場にも合うシンプルなデザイン!

スマートウォッチといえば以下のような四角いデザインが多いですよね↓

近未来的といえばそうなのですが、ビジネス交渉などフォーマルな場だと雰囲気にマッチしないこともあるかと思います。

その点Steel HRですと通常の腕時計と変わらないので、気にせずに使うことができます!

アイキャッチ画像にも貼ってありますが、実際私が使っているときの画像です⌚

Withings Steel HR
Withings Steel HR

ちなみに時計本体の上側には円形の液晶があり各種情報を表示してくれます。
時計の右側にある出っ張りがボタンになっていて、押すたびに以下の通り表示が切り替わります。

日時 → 心拍数 → 当日の歩数 → 当日の歩行距離 → 次のアラーム時刻 →
バッテリー残量 → 当日の消費カロリー → 通知ON/OFF設定 → (日時表示に戻る)
Withings Steel HRで液晶表示を切り替える

通常は液晶に何も表示していないので、普通の腕時計と見分けがつかないです😎
 飲み会で「これスマートウォッチなんだ」と言うとたいてい驚かれます😁
いわゆる四角形のスマートウォッチよりこちらの丸形が好きな方にはぴったりだと思います!

電池持ちがスゴイ!

Steel HRは電池持ちがスゴイです!
なんと満充電状態から3週間は充電しなくても大丈夫です!
 公式ページでは25日と記載があります。
そのため、寝るときにつけていても全く問題ありません!

充電にかかる時間は30分もあればフル充電できます。
モノクロ液晶、絞り込んだ最小限の機能だからこそ実現できているのでしょう。

また充電が少なくなると、スマホのHealth Mateが通知を出します。
 だいたい残り10%くらいで通知が出る様子
なので、バッテリーが減ったことに気づかずに電池切れになる、ということはありません。

一方でApple Watchはというと、使ったことがないのですが、バッテリーが1日持つかどうか、という記事が多いので、個人的には1日は持ってほしいなあ、、、というところです。

Apple Watchの「Series 6」と「SE」、どちらを選ぶ? 実際に使って分かった“違い”
前モデルから正統進化を遂げた「Apple Watch Series 6」と、価格を抑えた「Apple Watch SE」について、実際に両機を使ってみた印象を交えつつ、購入検討時にどんなところにチェックすればよいのかを紹介していこう。

イマイチなところ

ここまでSteel HRをべた褒めしてきましたが、いくつか改善してほしい点もあります。

Messengerで着信があると相手が切った後に通知が来る

私は妻や友人とのコミュニケーションにFacebookのMessengerアプリを使っています。

コレ自体は非常にいいのですが、Messengerで着信が来るとSteel HRには通知が来ず、相手が「電話取れないのかな?」と思って発信を切った後にSteel HRへの通知が来ます。

当然相手が切った後なので着信を取ることはできません。

なので、通知が来たら自分からかけ直しています。

通常の電話だとこのようなことがないので、ソフトウェアの問題かと思っています。
いつかアップデートで直ってほしいものです。

振動が少し弱く、目覚ましで気づかずに寝続けてしまうことがある

個人の好みのレベルですが、振動が少し弱いかな?と感じます。
振動レベルを3段階(弱、中、強)といった具合で切り替えできてもいいのかなと思います。

私は朝6時半にアラームを設定していますが、振動に気づかず寝続けてしまうことがあります。

なので、その15分後にもう一つアラームを設定することで対応しています。

アラーム枠が3つしかない

↑の続きになりますが、設定可能なアラーム枠が3つしかありません。
ですので、朝に2つ使うと残り1つになってしまいます。

個人的には5つくらい設定できる方が便利です。
仕事の午前休憩、午後休憩、寝かしつけ準備といったタイミングでアラームしたいですね。

これもソフトウェアのアップデートで改善してほしいなあと思っています。
 ROM/RAMはそこまで問題にならないはずなので。

終わりに

いかがでしたか。

不満点はいくつかあるものの、全体的には超満足しています!

スマートウォッチに求めるものが↓のようなものであれば本当にオススメです!

ビジネスの場でも使えるスマートウォッチがほしい!
 他社製品だと、打合せなどフォーマルな場に合わなくて… 
・睡眠の質向上に向けて睡眠の現状を確認したい!
 ベッドにセンサーを敷くタイプもあるが、大掛かりなのはちょっと…
・スマホを開くとついTwitterを見てしまうのをなんとかしたい!
 メール確認のためにスマホを見ると時間が過ぎてしまう…

Amazonですと約3000円引きで売っているようです!
 ¥25,718 → ¥22,508

Amazon | Withings Steel HR フランス生まれのスマートウォッチ 心拍&アクティビティモニター(36mmモデル) ホワイト 【日本正規代理店品】 HWA03-36WHITE-ALL-JP | 家電&カメラ オンライン通販
Withings Steel HR フランス生まれのスマートウォッチ 心拍&アクティビティモニター(36mmモデル) ホワイト 【日本正規代理店品】 HWA03-36WHITE-ALL-JPほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

Comments

タイトルとURLをコピーしました