組込エンジニアが技術系ブログを3ヶ月続けたら稼げるのか?

Wordpress

約 11 分で読めます。

組込エンジニア目線でのブログを書こうと思いたち、
2020年11月8日に最初の記事を投稿してから3ヶ月が経ちました。

本業で得た知識/ノウハウを生かして技術系ブログを書いてみようか?

アクセス来るかな?副業として稼げるかな?

みたいなことを思っているエンジニアの方の疑問にこたえていきます。

結論として、エンジニアはブロガーに向いているので、今からでもやってみましょう!

読めばエンジニアブロガーの3ヶ月後がわかります。ぜひ読んでみてください。

ブログを始めたきっかけ

2020年にコロナが世界を直撃しました。



在宅勤務で時間ができたので「なにか仕事以外のことをやろう」と思い立ちました。



世間は副業ブームでした。
ブログもその一つで、文章を書くこと自体はまあまあ好きだったのでやってみようと思ったのですが、すでにたくさんのブロガーがいるため、少し戦略を考えました。

雑記系はみんなが取り組みやすいため、ライバルが多く、レッドオーシャンです。
そこで自分の専門領域である組込Linuxで勝負することにしました。
 いわゆる特化型

ちょうど手元にRaspberry Pi Zero Wがあったので、これ系のネタで攻めようと。
テーマが超ニッチな上1記事書くのに手間がかかるので、最初は苦労するだろうと。
しかしRaspberry Pi自体は世界全体で売れているので、需要はある、と考えました。

また英語が得意だったので、日英で記事を書けばアクセスが増えるだろう、と思いました。

結果

記事数は?

2021年2月8日時点での記事数は以下の通りです。
 この記事は含めず。

日本語記事英語記事合計
11月8816
12月6612
1月8816
2月10010
合計322254

日英ひっくるめて、だいたい2日に1記事書いている計算になります。

記事を書く前にまず自分でやってみる工程が入るため、毎日更新は難しく、このくらいのペースがちょうどいいかなと思っています。

PVは?

この辺りから皆さんの気になるデータを公開していきます。

PV推移をGoogle Analyticsで出してみました。
1月は701PVでした。
年末年始は巣ごもりでアクセスが伸びていますね。



3ヶ月ブロガーとしてはこんなもんでしょうか。
1日だいたい20PVから30PVくらいです。

記事の言語で層別するとこうなります。
英語記事へのアクセスは思ったより伸びていません。

日本語記事英語記事合計
11月46PV15PV (25%)61PV
12月246PV49PV (17%)295PV
1月585PV116PV (17%)701PV
2月172PV31PV (15%)203PV
合計1049PV211PV (17%)1260PV



流入経路別に見るとこうなりました。
 セッション数で集計。

Organic SearchTwitterFacebookDirect, その他合計
11月212121541
12月88342127170
1月262363298428
2月114121514155
合計4669480154794

記事を書くたびにTwitter/Facebookで宣伝していますが、全体に対する効果は高くありません。
取り扱っているネタがSNS向きじゃないんだと思います。
 もしくは技術系SNSみたいなのがあれば違うかも。



検索からの流入が順調に増えていることがわかります!

お前、あれだろ。
SEO対策やってるからこんなに検索から来てるんだろ!

と思われるかも知れませんが、
今までちゃんとしたSEO対策は全くやっていませんでした。
 やらなきゃな〜と思いながらも放置。

ということは裏を返すと、ソフトウェアエンジニアの技術系ネタはコンテンツ自体に価値があるということの表れだと思います。

収益は?

Googleアドセンス

まずはアドセンス。以下の通りです。
 Googleアドセンス合格: 2020年12月22日
2月はまだ前半だからというのもありますが、明らかにペースが悪いです😇



覚悟はしていましたが、やはり全然稼げないですねw
0円という日もザラにあり、AWS代とドメイン代とを合わせると完全に赤字ですw
 AWS: 約900円 ドメイン: 月割で約120円

ただ、他のブロガーさん記事を見てもアドセンスはPVに比例して収益が増えるということですし、まだ3ヶ月ですので、少なくとも1年は続けたいなと思っています!

Amazonアソシエイト

残念ながらまだ収益0円です。

原因はなんとなくわかっていて、戦略立てて記事内に商品リンクを入れることができていないのが大きいと思っています。

今後は積極的にレビュー記事を書いていくなど改善に向けて活動していきます!

その他アフィリエイト

こちらも収益0円です。

Amazonのアフィもそうですが、適当にアフィリンクを入れても読者は買ってくれるはずがないので、どんなストーリーで買ってもらえるようになるのか、をテーマとして考えていこうと思っています!

わかってきたこと

超個別特化記事へのアクセスが多い、が離脱率も高い

Google AnalyticsやMatomo Analyticsでアクセスログを見ていると、特定エラー解消ネタなどの個別トピックへのアクセスが多いことがわかってきました。

逆に不慣れな人(いわゆる初心者)向けに導入手順を紹介した記事は、さほど読まれていません。



ということは、以下のことが言えそうです。

・このブログに「何をやっていいかわからない」初心者が来ることはあまりない
・逆にやりたいことが明確な人がトラブル時に訪問することが多い



しかし一方で、PV数多い記事は直帰率も高かったです。
 90%超えも。
これは非常にもったいないです。

今後は以下の観点で改善をしていこうと考えています。

PV数が多いが、直帰率も高い記事の直帰率を下げる施策をする
  例: 内部リンクを増やす、読者が次に期待するであろう内容を想定し記事にする
 PV数が少ない記事に対してPV数を上げる施策をする
  例: キーワード選定に立ち戻ってみる

次やること

これまでの結果を踏まえ、今後は以下を中心に実施していくつもりです。

記事数を増やす

日本語だけで見ると32記事とまだまだ全然少ないですし、私自身まだ書ききれていないネタが溜まっていますので、それらを形にしていこうと思っています。

これによりPV数の増加を狙います。

PV数が多く直帰率も高い記事の直帰率を改善する

適切な場所に関連記事への内部リンクを設置したり、読者が記事を読んだ後に期待することを先回りして書いておくと、直帰率の改善につながるのではと考えます。

それを実現するための具体的な施策を考えて実施していきます。

PV少ない記事のPVを改善する

これらの記事はそもそも読まれていないということになりますので、読者の悩みにミートしていない可能性が高いです。

こういった記事に対してはキーワード選定から立ち返り、検索キーワードに合わせて思い切ってタイトルを変えるなどの施策が有効かもしれません。
 うまくいかなくても、もともとアクセス数少ない記事ですので、傷は浅いですし。

これから技術系ブログを始めようと思っている方へ

ブログやろうかな、どうしようかな、
と思っているエンジニアの方は、とりあえるやってみることをオススメします。

理由は以下です。

・失敗しても失うものがほとんどない
・技術系ブログというだけで読者に価値を提供できる可能性が高い
・エンジニアが持つ問題解決能力を存分に活かせる



ブログ運営に必要な資金は、3000円くらいの初期費用と1000円くらいの月額料金です。
 AWSの場合

仮に
 忙しくて記事を書けない、
 ネタが自分と合わない、
などでうまくいかなくてもサーバー解約すれば終わりなので、後始末が簡単です。
 実際私もこのブログは3回目です。

また、技術系のネタはそれだけで他の誰かの助けになる可能性が高いです。
ということは、価値のある記事ということで検索上位に出る可能性が高いです。

例えば、プログラミングでエラーが発生したときの対処方法が書いてあれば、他の人はそれを読むことで同じ失敗をしなくて済みます。
 何かをやる際に「失敗したくない」と思っている人は多い。

最後に、ブログは問題解決能力が求められ、エンジニアは息をするように問題解決を行っているので、その点でも有利に働くと思います。

エンジニアはプログラミングだけをすることはなく、問題解決が多いと思います。
 バグが起こったら、ミスのある箇所を探して、対処する
 パフォーマンスが遅ければ、何が遅いのか切り分けて、改善する

このような課題を見つけて解決してまた課題を見つけて…
という問題解決能力はブログ運営にも活きますし、さらに伸ばせるでしょう。
 例: 渾身の記事を書いたがアクセス数が予想より伸びない、なぜか? → 仮説を考え検証

終わりに

いかがでしたか。

収益は予想よりもだいぶ低く、期待を裏切ってしまったかもです。

ただ、ブロガーは開始数ヶ月で「稼げない」と挫折する人が9割くらいいるそうで、逆に数ヶ月がんばって生き抜けば、成功確率がグッと高まります。

ブログの始め方はこちらの記事にまとめていますので、ぜひどうぞ!

Comments

タイトルとURLをコピーしました