Orange Pi 5 PlusにM.2 SSD取り付けた

Orange Pi

約 10 分で読めます。



この記事で、Orange Pi 5 PlusにUbuntuを入れ、サーバーとして動かせるところまで来ました。



この記事ではM.2 SSDを取り付けて、使えるところまで。

買ったSSDはこれです。
kakaku.comで価格と容量等を見て良さそうなものを選択。
Orange Pi 5 PlusがPCIe Gen3までの対応なので、Gen4は選ばないようにしました。

【楽天市場】SPD製SSD 2TB M.2 2280 PCIe Gen3x4 NVMe R: 3400MB/s W: 3000MB/s 3D NAND TLC SP300-2TNV3【5年保証・翌日配達送料無料】:SPD楽天市場店
SSD 2TB M.2。SPD製SSD 2TB M.2 2280 PCIe Gen3x4 NVMe R: 3400MB/s W: 3000MB/s 3D NAND TLC SP300-2TNV3【5年保証・翌日配達送料無料】



Orange Pi 5 Plusに取り付けるためのネジが無いので、これを追加で購入。

Litorange M.2ネジキット NVMeネジm.2 SSD取り付けキット…
_



注文して数日後に届きました。



取り付けるとこんな感じ。
ケースとの隙間はほぼないです。
これから暑い夏が来るので熱による故障が発生しないか心配。

そういう意味ではこちらの記事で紹介したケースに換装してファンの風を当てる方が良いかも。



smartmontoolsで温度を確認しました。
53℃ということで、高めな気がしますが、しきい値は90℃なので、様子見します。
 室温:33℃

$ sudo smartctl -a /dev/nvme0 | grep Temp
Warning  Comp. Temp. Threshold:     90 Celsius
Critical Comp. Temp. Threshold:     95 Celsius
Temperature:                        42 Celsius
Warning  Comp. Temperature Time:    0
Critical Comp. Temperature Time:    0
Temperature Sensor 1:               42 Celsius
Temperature Sensor 2:               53 Celsius



このSSDは/dev/nvme0n1として認識しています。

$ ls /dev/nvme*
/dev/nvme0  /dev/nvme0n1



パーティションから作る必要があったので、fdisk/mkfs.ext4で作ります。

$ sudo fdisk /nvme0n1

Welcome to fdisk (util-linux 2.37.2).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.

Device does not contain a recognized partition table.
Created a new DOS disklabel with disk identifier 0xc5f98d9f.

Command (m for help): p
Disk /dev/nvme0n1: 1.86 TiB, 2048408248320 bytes, 4000797360 sectors
Disk model: SPD SP300-2TNV3                         
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xc5f98d9f

Command (m for help): n
Partition type
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 1): 
First sector (2048-4000797359, default 2048): 
Last sector, +/-sectors or +/-size{K,M,G,T,P} (2048-4000797359, default 4000797359): 

Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 1.9 TiB.

Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

$ sudo mkfs.ext4 /dev/nvme0n1p1 
mke2fs 1.46.5 (30-Dec-2021)
Discarding device blocks: done                            
Creating filesystem with 500099414 4k blocks and 125026304 inodes
Filesystem UUID: 778898e3-0688-4c90-88b1-a8e8c9e24129
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
	4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
	102400000, 214990848

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (262144 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done



作成後、領域が作られていることを確認しました。

$ sudo mount /dev/nvme0n1p1 /mnt/

$ mount | grep nvme
/dev/nvme0n1p1 on /mnt type ext4 (rw,relatime)

$ df -h | grep nvme
/dev/nvme0n1p1  1.9T   28K  1.8T   1% /mnt



起動時、自動的にマウントさせたいので、/etc/fstabに追記します。
 /mediaにマウント

# UUIDを確認
$ ls -l /dev/disk/by-uuid/
total 0
lrwxrwxrwx 1 root root 15 Jun 20 22:37 1d503487-9341-4440-a0a9-2677d1a862f1 -> ../../mmcblk0p2
lrwxrwxrwx 1 root root 15 Jun 20 22:37 46D0-DBDB -> ../../mmcblk0p1
lrwxrwxrwx 1 root root 15 Jun 21 12:05 778898e3-0688-4c90-88b1-a8e8c9e24129 -> ../../nvme0n1p1

# UUID指定して追記
$ sudo vim /etc/fstab
(略)
/dev/disk/by-uuid/778898e3-0688-4c90-88b1-a8e8c9e24129 /media ext4 defaults 0 0

(再起動)

# マウントできていることを確認
$ mount | grep nvme
/dev/nvme0n1p1 on /media type ext4 (rw,relatime)



これで終わりです。
本当に楽ですね。

終わりに

いかがでしたか。

最近は1TB/2TBのSSDもあまり高くないので、大容量ストレージサーバーも簡単に作れちゃいますね!

この記事を書いた人

組込ソフト歴15年の外資系エンジニア。
前職で組込Linuxを使った商品設計/品質確保の業務に従事。
Raspberry Piが好き。
株式投資で年50万円を稼ぐ。
妻は香港人(国際結婚)。

Please follow me
Orange Pi
Please follow me
世界Linux新聞

Comments

タイトルとURLをコピーしました